Internship Detail

HCI / 対話エージェント・自動対話技術

研究テーマ①

ロボット接客における通行人認識モデルの研究開発

研究テーマ詳細 商業施設におけるロボット接客では、通行客を正確に認識することが重要です。このテーマでは、卓上型ロボット周辺に設置された複数の3Dカメラを用いて、複数深度情報の合成や通行人を認識・追跡するモデルの研究開発に取り組みます。パノラマ画像生成、オブジェクト追跡、Re-Identification といった研究タスクを想定しています。
テーマの魅力 コンピュータビジョン、3次元幾何学、機械学習の技術を用いて、実店舗で収集された映像データを扱うことができます。AI Labの研究者と共に実務と学術をまたぐ研究経験を積むことができる他、ハイパワーマシンやクラウド環境を用いた大規模データ処理を経験できます。また、目覚ましい成果が得られた場合には国際会議への論文投稿を目指すことができます。
必要スキル/専門性
  • 与えられた技術課題に対して自立して解決策を探求する能力
  • 論文執筆を含むプレゼンテーション能力
  • 画像処理・深層学習の基礎的な知識
  • プログラミング経験(Python, 各種Deep Learningフレームワーク)
研究テーマ②

物理的身体を持つCGエージェントの研究開発

研究テーマ詳細 対話エージェントが人に働きかける上で、物理的な身体を持つことは存在感や注意を引く力を向上させることが知られています。しかし、身体を持つロボットの製作はコストが高く社会導入のハードルになっています。このテーマでは、画面の中に映るCGエージェントの存在感や注意を引く力を高めるために、物理的な身体をデザインしプロトタイプ設計・開発に取り組みます。3DCG, MMD, 組み込みコンピューティングなどの知識を用いて、プロトタイプデザインから制作、実環境での印象評価までを行います。
テーマの魅力 AI Lab 研究員とともに実ビジネスを念頭に置いたデバイスプロトタイプ開発に取り組めます。また、実際の店舗などのフィールドにおけるデバイスの検証を経験することができます。AILab、そして、大阪大学石黒研究室のメンバーと議論を重ねながら、世の中にまだない体験を作る過程を学ぶことが可能です。また、目覚ましい成果が得られた場合には国際会議への論文投稿を目指すことができます。
必要スキル/専門性
  • 与えられた技術課題に対して自立して解決策を探求する能力
  • プログラミング経験(Unity など)
  • 電子工作の基本的な知識
  • ヒューマンエージェントインタラクションの基礎的な知識
研究テーマ③

商品を推薦する複数体エージェントの会話の自動生成

研究テーマ詳細 複数体のエージェント同士による商品推薦のための会話自動生成に取り組んでもらいます。ユーザとエージェントが会話するのではなく、エージェント同士の会話をユーザに見せる(聞かせる)ことは、推薦情報の受容性を高めることにつながります。これまでの先行研究のリソースを元に、深層学習を活用した新たな対話生成手法の研究開発を行います。
テーマの魅力 複数人対話は対話エージェントによる接客シーンで幅広く利用されており、社会的なインパクトが非常に強い研究に取り組むことができます。実フィールドにおける商品推薦の課題に触れることができ、実務レベルの技術開発の経験を積むことができます。目覚ましい成果が得られた場合には国際会議への論文投稿を目指すことができます。
必要スキル/専門性
  • 与えられた技術課題に対して自立して解決策を探求する能力
  • 論文執筆を含むプレゼンテーション能力
  • 自然言語処理・機械学習の基礎的な知識
  • プログラミング経験(Python, 各種機械学習用フレームワーク)
研究テーマ④

接客における対話エージェントインタラクションの研究

研究テーマ詳細 商業施設や宿泊施設における対話エージェントの活用を見据えて、対話エージェントと人間とのインタラクションに関する研究に取り組みます。このテーマでは、顧客となる人間との関係性の構築や人間の行動変容の促進などを実現できる新しいインタラクションの開発を行います。具体的な研究テーマは応募者の興味関心および専門性に沿う形を模索するため、研究テーマの積極的な提案を歓迎します。
テーマの魅力 AI Lab 研究員や大阪大学石黒研究室のスタッフと議論しながら、全く新しいインタラクションの発案・検証に取り組めます。統制のとりやすい学内/社内での被験者実験だけでなく、実際の商業施設でのフィールドスタディを経験することができます。また、目覚ましい成果が得られた場合には国際会議への論文投稿を目指すことができます。
必要スキル/専門性
  • 与えられた技術課題に対して自立して解決策を探求する能力
  • 論文執筆を含むプレゼンテーション能力
  • ヒューマンエージェントインタラクションの基礎的な知識
  • プログラミング経験(Java, Python など)

Creative / 機械学習を用いた広告制作技術

研究テーマ①

広告表現の理解と生成

研究テーマ詳細 バナー画像や動画、テキストなどの広告表現はクリエイティブと呼ばれ、商品の魅力の伝達、ブランドの認知など、視聴者に様々な訴求メッセージを伝えます。このテーマでは機械学習を用いてクリエイティブを認知し生成するための技術を研究開発します。自動的なクロッピング、レイアウト生成、フォントの分析といったトピックで研究開発に取り組みます。
テーマの魅力 コンピュータビジョン、コンピュータグラフィックス、機械学習の技術を用いて、実務で使用している広告データを分析します。AI Labの研究者と共に実務と学術をまたぐ研究経験を積むことができる他、クラウド環境での実務データの大規模分散データ処理を経験できます。また、目覚ましい成果が得られた場合には国際会議への論文投稿を目指すことができます。
必要スキル/専門性
  • 与えられた技術課題に対して自立して解決策を探求する能力
  • 難しい技術を平易にまとめ、伝達するためのプレゼンテーション能力
  • コンピュータビジョン、コンピュータグラフィックス、機械学習分野の知識と研究経験
  • プログラミング能力(Python、各種Deep learningフレームワーク)
研究テーマ②

機械学習を用いた動画分析および動画制作応用

研究テーマ詳細 広告を含む実世界の動画は、カット編集や合成など様々な加工が施されていることが一般的です.このインターンではさまざまな要素で構成された動画の認識や、自動編集など動画加工のための研究に取り組みます.具体的にはvideo representation learning,action localization,highlight detectionなどを想定していますが応募者の専門性を考慮して研究トピックを決めていきます.
テーマの魅力 AI Labの研究者と協力のもとコンピュータビジョン、機械学習を使った研究を進めます.研究成果は国際会議への投稿など、外部への発表を推奨します.
必要スキル/専門性
  • 実験計画の立案および遂行能力
  • 論文執筆を含むプレゼンテーション能力
  • コンピュータビジョン、機械学習分野の知識と研究経験
  • 機械学習を用いた静止画/動画解析のプログラミング経験(Python、各種Deep learningフレームワーク)
研究テーマ③

広告分野における自然言語処理

研究テーマ詳細 広告分野において、言語はユーザに情報と魅力を伝える重要な役割を担っています。本インターンではさまざまなテキスト広告を対象に、自然言語処理技術を駆使してタスクに取り組みます。タスクの例として、広告文生成や商品情報抽出、広告の性能予測といったものが挙げられ、使用する技術は Natural Language Generation, Text-to-Data, Named Entity Recognition, Information Retrieval などが考えられます。タスクは応募者の興味関心および専門性に基づいて決定されます。
テーマの魅力 2019 年に、日本国内においてついに Web 広告費がテレビメディア広告費を上回り、これからその差はさらに大きくなっていくと考えられます。弊社は Web 広告代理店として国内最大手であり、所有している広告データの規模も国内屈指です。本インターンではこのようなデータを実践的に扱う経験が得られます。また、本インターンによって得られた研究成果は国内・国際会議などに外部発表することを推奨しています。
必要スキル/専門性
  • 積極的・能動的に打開策を模索していく自主性と計画性
  • 論文などの文章に分かりやすくまとめ、それをプレゼンテーションできるスキル
  • 自然言語処理、機械学習分野の知識と研究経験
  • 各種機械学習用フレームワークと Python などのプログラミング能力

Econ / 次世代の意思決定技術を作る

研究テーマ①

個別因果効果の予測・推定

研究テーマ詳細 広告の因果効果をより高くするためには、広告を配信する対象ユーザーを因果効果が高そうなユーザーに絞り込む必要性が生じる。この場合、因果推論や計量経済学で扱われてきた平均的な効果の推定の代わりに、個別の効果を予測する若しくは推定する必要が生じる。このテーマでは近年研究が盛んなITE/CATEの推定若しくは、uplift modelingを用いてこの課題に取り組む。
テーマの魅力 インターネット広告における実際の実験データを利用して開発する手法をテストする事が可能です。また、性能が一定の水準を上回る場合には実プロダクトでの適応を行う事も可能です。
必要スキル/専門性
  • SQLの経験
  • RやPythonなどの科学技術計算言語を日常的に利用している。
  • 英語論文の執筆経験(タームペーパーなどでも可)
  • 経済学、計算社会科学、マーケティングサイエンス、心理学など「人」の行動を研究している。

Graphics /写実的な人物表現の生成

研究テーマ①

写実的な人物表現の生成

研究テーマ詳細 広告では人物を使った映像表現が多用されますが、サイバーエージェントではこの撮影と映像制作にコンピュータグラフィックスを使ったプロダクション手法に取り組んでいます。このテーマでは写実的な人物の顔や全身を表現するコンピュータグラフィックス手法の研究開発に取り組みます。具体的には三次元モルファブルモデルや深層学習を用いた機械学習手法を使い、写実的な映像表現の生成手法を研究します。
テーマの魅力 サイバーエージェントでは研究者だけではなく、CGクリエイター、エンジニア、ビジネスを跨ぐチームで研究開発から社会実装まで、コンピュータグラフィックス技術を取り巻く環境を様々な目線から経験することができます。また、社外の著名研究者と交流する機会もあります。優れた研究成果を挙げた場合には国際会議に論文投稿することができます。
必要スキル/専門性
  • 与えられた技術課題に対して自立して解決策を探求する能力
  • 難しい技術を平易にまとめ、伝達するためのプレゼンテーション能力
  • コンピュータグラフィックス、コンピュータビジョン、機械学習分野の知識と研究経験
  • プログラミング能力(三次元グラフィックス系フレームワーク、機械学習系フレームワーク)