Research

Computer Graphics

研究テーマ

CGコンテンツ制作パイプラインの革新

チームのミッション

Computer Graphics (CG)チームでは、多彩な広告コンテンツの効率的な制作支援やメタバース空間での店舗開発・運営等に資する研究開発を進めています。最新のCG技術を用いることにより、実写と区別がつかないレベルの画像・映像コンテンツを作成することが可能となっています。一方で、広告コンテンツの制作では、映像業界と異なり短い制作期間で多くのバリエーションのコンテンツを作成することが求められます。これを実現するためには、一般的なCGパイプラインの改善のみならず、機械学習を用いた新たなワークフローの構築が必要となります。CGチームでは、モデリング、アニメーション、画像・映像生成などのタスクに深層学習による支援を加えることで、コンテンツの作り方そのものに変革を起こすことにチャレンジしています。
 
 

プロジェクト

日本人顔の3次元パラメトリックモデルの構築と応用

フォトリアルな3次元顔モデルを効率的に生成することを目的に、独自にスキャンした日本人の3次元顔データからパラメトリックモデル(3D Morphable Model; 3DMM)を作成し、単一画像からの3D顔モデルの復元の研究を行っています。また、3DMMを利用した人物映像の生成などにも取り組んでいます。
 

研究領域

Computer Graphics / NeRF / 3D Morphable Model