Blog

PR

【 HCIゼミがHack賞を受賞】Yahoo! JAPAN Hack Day 2019


 
皆さんこんにちは!
 
今年も残すところあと少し💡皆様にとってどんな1年だったでしょうか?
 
さて、先日Yahoo社が行なっているYahoo! JAPAN Hack Day 2019にて、
 
AI事業本部 AILab研究員の岩本がゼミ長を務めるHCIゼミがHack賞を受賞しましたので
 
お知らせします!なんとこちらは昨年に引き続き連続での受賞となっております!🎉🎉
 
 
Yahoo! JAPAN Hack Day 2019
 
「テクノロジーを、もっと身近に、もっと楽しく。」をコンセプトに行われる300人以上が参加する
Yahoo!Japan主催の日本最大級のハッカソンです。
 
総勢300人以上、78チームに分かれた一般公募のクリエイター(エンジニアやデザイナー)が、24時間以内に開発した作品をプレゼンテーションして競い合う“ハッカソン”では、AR・VRやAIなどの様々なテクノロジーや、電子工作などを駆使したユニークな作品が発表されました。

ニコニコ生放送、YouTube Liveでの中継ののべ視聴数は約5.5万人で過去最多となりました。

 

 
HCI(Human Computer Interaction)ゼミ
 
サイバーエージェントの「スキルアップゼミ制度」のうちのゼミの一つで、
HCIゼミはコンピュータと人とのインタラクションを研究するゼミです。
 
研究者やエンジニアがただ便利なだけではなく、可能性を感じるシステムの開発を主に行なっています。開発したシステムは実験し、国際学会で発表するのを目標にしています。
 

 

※サイバーエージェント スキルアップゼミ制度

参加自由の任意の勉強会とは異なり、大学における研究室やゼミのように少数メンバーにて研究テーマに沿って活動を行う制度です。研究を通して得られる成果(技術力や知見の向上)を事業に活かすことを目的の1つとしており、業務時間の一部を使ってゼミ活動が可能です。

 

今回、Yahoo! JAPAN Hack Day 2019では以下8つの賞がありましたが、総勢300人以上、78チームのうち、HCIゼミは、名誉のあるHack賞を受賞することができました!

最優秀賞(WakuWaku、Tech、Hackのすべての観点において優れた作品)

WakuWaku賞(楽しく、使ってみたいと思わせる魅力がある作品。ゲスト審査員のわくわくさんこと久保田雅人さんが選定。)

Tech賞(技術力がすぐれている作品)

Hack賞(他の人が思いつかない用途開拓や応用力に優れた作品)

Data賞(データを活用して最も新しい体験を生み出した作品)

O2O賞(オフラインデータを利活用し、最も新しく魅力的な体験を生み出した作品)

UI/UX賞(優れたUI/UXデザインにより、最も新しく魅力的な体験を生み出した作品)

Happy Hacking賞(ニコ生投票、出場者投票の最多票数獲得作品)

※各受賞作品詳細リンク先

 

Hack賞を受賞したHCIゼミの作品は下記です!

Hack賞受賞!HCIゼミの作品

TNデジタル試着システム」

鏡越しだと違った映像が見えるディスプレーシステム。液晶と鏡を並べることで、洋服試着のBefore/After比較などに。液晶パネル特性の弱点を逆に活用。

▶︎発表の動画はこちら(外部リンク)

 

ゼミ長 岩本からのコメント

 

とても素晴らしい賞をいただけ、メンバー一同とても喜んでおります!ハッカソンに参加すると、周りは物作りが好きな方達と同時に開発を行うので、とても刺激をもらうことができました。今後より応用的なアプリケーションを開発し、実用化の検討を行なっていきます。

  参加ゼミメンバー:岩本拓也・西康太郎・鵜口大志・石橋弦樹・山口舞

 

今後もHCIゼミをはじめ、様々な取り組みをお伝えしていきます!!

Author

kana
kana

関連記事