Blog

PR

【2019年度新卒ビジネス職】1年間の成果発表会を実施しました! -2年目の目標宣言-


皆さん、こんにちは。人事の浅川です。

3月にAI事業本部所属の2019年度新卒入社のビジネス職9名による、1年間を振り返った成果発表会を行いましたので当日の様子をレポートいたします!

(前日には技術職9人の成果発表会がありました。)

-成果発表会-

当日は新卒9名に加え、1年間を共に並走してきたトレーナーや事業部の統括メンバーも成果発表会に参加。和やかなムードの中スタートし、新卒メンバーがこの1年どんな活躍をしたのかを全員で振り返りました!

配属初日 
 

AI事業本部(当時のアドテク本部)配属後の歓迎セレモニー(初々しさが伝わるフレッシュな写真ですね!)

歓迎セレモニー後、1週間の研修を経て各プロダクトへジョインしました。

会場からも「懐かしい」の声が…!

自己紹介冊子

 

「自分たちを知ってもらうためには!?」を考え、自己紹介冊子を9人で1冊作成。

他部署のお世話になった新卒採用チームや先輩方、役員の皆様にもお渡しに行きました。

19新卒が企画した施策

2019年は  AI事業本部発足という事業部発足の大きな変化があり、

部署内ではビジネス職、エンジニア職問わず「AI」への感度が上がり社内で自発的に始まった数々の

取り組みがありました。その中には19新卒メンバーが自主的に企画/運営した施策、「AIサーカス」も!

全4回に渡って行われた講義には毎回会場にはたくさんの社員が参加。

大きなインパクトを与えてくれました!

その他にもAIへシフトしていくというテーマで新卒で企画してポスターを作成したり、

AI事業本部を若手から盛り上げてくれました!

写真で見ても随分頼もしくなった19新卒でしたが、成果発表会の発表では、この1年を振り返ってどんなことをやり遂げたか、そして2年目はどんなチャレンジをしていきたいのかを発表を致しました!

-発表内容-

年間成果発表テーマ:成し遂げたこと・次の1年で成し遂げること
  • 1年目の振り返り

    ・1年目で達成したこと

    ・1年目の学び ~次の新卒に伝えたいことベスト3~

  • 2年目で成し遂げること

   ・次の1年で成し遂げること/勝ち取ること

   ・成し遂げるためにどんなアップデートをするか

   ・そのプロセスで大事にすること/具体的に手にするものは何か

-個人発表-

衞藤淳平さん AMoAd

<成し遂げたこと>

・担当プロダクトをNo.1デマンドに成長させた

・生産性を向上させた

<学び>

・人を巻き込む:自分より知識や経験のある人は多い。みんなで協力して大きな成果につなげよう!

・シンプルに伝える

・数字で話す

<次の1年で成し遂げること>

・個人:マネージャーになる!

・組織貢献:AI事業本部が来年以降も注目される組織になるきっかけに

小川隼貴さん AI Shift

<成し遂げたこと>

・新プロダクト受注

・OMOの新枠組みで提案

・事業開発会議 新規事業採択

・AI Shift 新規事業立ち上げ奮闘

<学び>

・本当に大事なキモに時間を使う。

・コミュニケーションの基本は他者への想像力から

・失敗をビビりながら、突撃していこう。

<次の1年で成し遂げること>

・AI Shift を”AIを民主化できる会社””次のCAの柱になりうる会社”にできるような土台作りをする

▲佐々 遥平さん AIRTRACK

<成し遂げたこと>

・幸せな状態を維持することができた

(恵まれた同期、先輩、関わる領域で新たな知識を得られた)

<学び>

・憂鬱に直面する前に対処する

・先輩や同期と信頼関係を築いておく

<次の1年で成し遂げること>

・自分の所属チームが納得のいく成績を出す

宝田 靖広さん AIRTRACK

<成し遂げたこと>

・プロダクト担当として、営業→受注→運用までを一気通貫

・事業の土台を作った

<学び>

・1年目は「PDCA」ではなく「DDDD」考えるより行動しよう

・事業者は「遠近両用」。足元の売上にとらわれないビジネスをしよう

・自分の担当業界を愛そう

<次の1年で成し遂げること>

・新しいプロダクトを作り、特定業界×デジタルをその業界全体で加速させられる人間になる

・独り立ちしたビジネスマンになり、周りにプラスを与え続ける存在になる

玉岡 真弥さん AI Shift

<成し遂げたこと>

・ゲーム向けプランの立ち上げ&初受注

・AIメッセンジャーのセールスとして超過達成

・AI事業本部になったタイミングでのAIサーカスの企画・実施

・AIメッセンジャーのプラダクトマネージャーとしてリニューアル後の仕様決めとセールス

<学び>

・発信が大事。内容よりも発信しているかどうか

・やっぱり、環境・ポジションが自分を育てる

・結局は自分との戦い。今日から危機感を持とう。

<次の1年で成し遂げること>

・自分起点で事業立ち上げの機会をつくる

▲文岡 紀輔さん AIRTRACK

<成し遂げたこと>

・キツくても携わった案件は逃げずに関わり続けられたこと

・社内で初の取り組みの案件を受注できたこと

<学び>

・わからなければ人を巻き込め

・仮説を持たないと次の成長はない

・できない理由ではなくできる理由を考えよう

<次の1年で成し遂げること>

・リテール広告市場の占拠(店舗のメディア化完全実現)

・昇格

・自分の担当領域をAI事業本部で一番の収益の柱にする

▲星野 泰輔さん AIRTARACK

<成し遂げたこと>

・メディアネットワークを0からつくった

<学び>

・まず失敗する。

・想像しないと成長しない

・ギブ&ギブ&ギブ・・・

<次の1年で成し遂げること>

・担当の販促商品の責任者を任せてもらい、収益をあげる/あがる仕組みをつくり切る

▲武藤 貴将さん CG R&Dグループ

<成し遂げたこと>

・プロジェクトの立ち上がりから開発、効果実績を作る

・AI領域の知識

<学び>

・社内からの頼まれごとは断らない

・実績を急がず、設計はじっくり

・目標が決まったら先に日付を決めよう

<次の1年で成し遂げること>

・広告・AI・CGの領域を網羅したマネージャー

・唯一無二の武器をつくるための大きな貢献をする

▲村田 泰祐さん Dynalyst

<成し遂げたこと>

・担当プロダクトのリリース完了。本番配信。

目標の効果を達成できるフォーマットの開発。

・全社、事業部、チーム単位で新規事業の提案チャンスはすべて拾いにいった。

<学び>

・自走と巻き込みの両輪を大事にする。

・プロダクトの開発に銀の弾丸は存在しない

・予算、期日の「ここまでやるぞ」を決める

<次の1年で成し遂げること>

・新しい切り口のアドテクプロダクトを立ち上げ、名実ともに新規事業人材として知らしめる。

先輩社員から-

トレーナーの先輩たち、各Divisionの統括から温かいコメントを頂きました!

最後にはサプライズでトレーナーから手紙のプレゼントがありました!

-最後に

振り返り会は毎月月末に行っていたのですが、

月を追うごとに目線が徐々に高くなり特に最終月の三月は自分のことだけでなく、

組織を意識した話が多くなっていった印象で、新卒全員の成長をトレーナー陣含め、

肌で感じていたと思います。

 

また今回、2年目に成し遂げることを力強く宣言してくれて、たくましく感じました。

今後も日々学び続け、成長し続けていってほしいなと思います!

期待しています!

Author

アバター
maho

関連記事