Blog

「Developers Summit 2015 Autumn」にて登壇しました!


みなさん、こんにちは

昨日、10月14日に開催された、

開発者のためのITカンファレンス「Developers Summit 2015 Autumn」にて

アドテクスタジオのシステムエンジニア 兼 AMoAdネットワーク技術責任者の神田が登壇しました

01

今回の「Developers Summit」は、

「データを巡るテクノロジーの冒険」と題し、

ビッグデータと大量トラフィック処理技術の最前線を題材に、

技術/スキル/キャリアの各側面から、

ソフトウェア開発者とデータの関わり方を特集したイベントとなっています。

 

会場は、今回も目黒雅叙園!

人が溢れかえっており大盛況でした★

03

会場の装飾もすっかり秋模様

04

さて、いよいよ講演スタートです!

嬉しいことに、アドテクスタジオの講演会場にもたくさんの人が集まってくださり、会場は満席!

01

講演のテーマは

「データファースト開発 〜 開発チームのためのデータ分析環境の構築と継続的改善の仕組み」

継続的にシステム・サービスを改善していくには、勘や経験に頼るのではなく、

データから「事実」を見つけ出し、意思決定をしていくことが欠かせません。

AMoAdの開発チームでは、「データファーストな開発」を実現するために、様々な取り組みをしてきました。

本講演では、 Spark と BigQuery によるデータ分析環境の構築と、

データ運用の仕組み作りの2つの側面の事例を通して、

開発チームとデータ分析の関わり合いについて、ご紹介しました。

2015-10-15_135236

講演中には、実際に「Apache Zepplein」のデモを流しながら、

「誰でも、気軽に データ抽出&分析ができる環境」の構成と運用についてお話しました

 

 

会場アンケートでは、

・共通する課題(よくある課題)に対して、実体験をもとにしたアプローチ方法がわかり、とても参考になった

・自社サービスの紹介などの「広告」ではなく、リアルな現場での話しがきけてよかった

・デモを流してくれたのがとてもわかりやすかった、もっと見たい

・講演を聞いて、データ分析環境を整えたいと改めて思った

など、満足のお声がおおく、有意義な時間となりました。

会場にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました

 

講演後、「Ask to Speaker(講演者質問)」に来てくださる方も絶えず、とても嬉しいかぎりです

05

 

講演のプレゼン資料はコチラ

[slideshare id=53908098&doc=developerssummit2015autumncakanda-151014041935-lva1-app6892]

 

今後もアドテクスタジオでは、「Spark」や「Scala」を使った取り組みや開発情報を

Blogを通してお伝えしたり、イベントを開催していく予定なので、

ぜひ、楽しみにしてください

 

Author

アバター
shiori

関連記事