Blog

データフィード自動生成から広告効果計測、効果検証までを一貫で対応★「CA DataFeed Manager」に2つの新機能を追加!


みなさん、こんにちは!

本日もリリースのお知らせです

アドテクスタジオが開発する

データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager(シーエーデータフィードマネージャー)に、

新たに2つの新機能を追加いたしました!

 

「CA DataFeed Manager」とは

企業が保有する自社の商品データに基づき、各広告配信先の仕様にあわせ

最適化したデータフィードを生成するツールです。

ダイナミックリターゲティング広告をはじめ、検索連動型広告動画広告など、

多様な配信先と連携しているほか、充実したオプション機能も備えており、

広告配信時のオペレーションに関する管理コストを削減し、広告効果の最大化に貢献いたします。

EC企業をはじめ、旅行サイトや人材サービスなど、多業種の企業に導入いただいております。

 

このたび「CA DataFeed Manager」データフィード計測機能LPO機能を新たに追加しました。

この新機能を利用することで、

データフィードの自動生成から、広告効果の計測効果検証までを一貫して

行うことができます。配信実績に応じてデータフィードを最適化し、広告配信するという

PDCA運用が可能となり、企業の広告効果の最大化に貢献いたします。

なお、同機能を備えているデータフィードマネジメントサービスは国内で唯一となります。

 

■データフィード計測機能

企業サイト内に「CA DataFeed Manager」のタグを設置いただくことで、

データフィード毎にクリック数やアクション数などの広告効果計測が可能となります。

効果実績に基づきデータフィードを最適化し、より広告効果の高いデータフィードを生成いたします。

 

■LPO機能

データフィードマネジメントサービスを活用した広告配信において、

これまでリンク先の設定はひとつと限られていましたが、LPO機能を活用することで、

新たに複数のリンク先を設定することができ、実績の計測やA/Bテストを行うことが可能となります。

 

図12345

 

例えば、EC企業がダイナミックリターゲティング広告を出稿する場合、

データフィード機能を利用することで、他の広告効果計測ツールの導入・連携をせずに、

広告効果の計測が可能となります。

また、LPO機能を使うことで、「商品詳細ページ」と「検索結果ページ」

どちらがリンク先の設定として適しているかなどの効果検証を行うことができます。

両機能にて計測した効果実績に基づき、

より広告効果の高いデータフィードの生成を実現いたします。

 

今後も「CA DataFeed Manager」は、機能強化を図ると同時に、

企業に対し最適なインターネット広告ソリューションを提供してまいります。

 

▼▼▼ リリースはこちら ▼▼▼

データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager」に、データフィード計測機能とLPO機能を追加

~データフィード自動生成から広告効果計測、効果検証までを一貫で対応、広告効果の最大化に貢献~

https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=11639

Author

アバター
shiori

関連記事