Blog

CAリワード、成果報酬型広告における不正利用を検知する 「Performance Keeper」の提供を開始!


みなさん、こんにちは

本日もリリースのお知らせです★

国内最大規模のリワードネットワーク「CAリワード」にて、

成果報酬型広告における不正利用の検知システム「Performance Keeper(パフォーマンスキーパー)

の提供を開始いたしました。

 
「Performance Keeper」とは、

成果報酬型広告における不正利用検知・対策の研究組織「BOSATSU™」が開発した不正利用検知システムです。

これまでCAリワードでは、不正利用検知として、CAリワードが保有する計測データなどをもとに、

アプリダウンロードや商品購入など、ユーザーがアクションを起こすタイミングや、

頻度を分析しNHT(Non-Human Traffic)(※1)を推測・判断しておりました。

 

このたび提供開始した「Performance Keeper」は、

企業が自社サイトに専用モジュールタグを設置することで、CAリワードが保有する計測データに加え、

自社サイトのアクセス解析情報(※2)などを含めて分析することが可能となり、

より精度高く不正を検知することができます。

なお、本サービスの利用料金は月額5万円からとなり(※3)、2016年12月末までに50社への導入を目指します。

 

CAリワードでは、これまでの配信実績をもとに、

大手スマートフォンメディアへの成果報酬型広告の配信、リワードネットワークの運営を行なうとともに、

今後も高度なアドテクノロジーを活用することで ユーザーサービスにおけるコンテンツ利用の促進に努めてまいります。

 

※1 Web広告で、botなどの正常なユーザー以外が、バナーのクリックなど、何かしらのアクションを行うことです。

※2 本サービスで取得する情報は、個人を特定する情報ではありませんが、計測データは個人情報と同等に適切に取り扱います。

    また、不正検知以外の目的で利用することはありません。

※3 月額利用費5万円~(6ヶ月契約)となっています。 2016年6月時点

 

 

▼▼▼ リリースはこちら ▼▼▼

CAリワード、成果報酬型広告における不正利用を検知する「Performance Keeper」の提供を開始

https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=12125

Author

アバター
shiori

関連記事