Blog

CAリワード、成果報酬型広告の不正検知システム「Performance Keeper」にAIを活用


みなさん、おはようございます

本日はリリースのお知らせです!

このたび、アドテクスタジオの国内最大規模のリワードネットワーク「CAリワード」が開発・提供する

成果報酬型広告の不正検知システム「Performance Keeper(パフォーマンスキーパー)(※1)において、

より精度高く不正アクセスを検知するためAIの活用を開始いたしました。

ユーザーインセンティブ型広告市場は、ゲームデベロッパーからの根強い需要のもと、

動画フォーマットの広告商品やターゲティング手法を取り込んだ広告などの普及により、

今後も堅調な推移が見込まれています(※2)

その一方で、海外やホスティングサービスからのアクセス、機械的連続クリックなど、

不正度の高いアクセス(※3)の増加が課題となっています。

 

CAリワードでは、不正利用検知・対策の研究組織「BOSATSU®」を設置し、

不正対策に取り組んでまいりましたが、近年、不正手口が巧妙化しており、

従来のアプローチでは事前に検知することが困難となっています。

これを解決するために、このたびCAリワードでは、

不正検知システム「Performance Keeper」においてAIを活用した分析を行うことで、

より精度の高い不正検知を実現いたします

 

ユーザーの企業サイト内行動情報や、

CAリワードが保有する計測データなどを組み合わせた約3,000次元のユーザー属性情報(※4)

Deep Neural Networkモデルにより分析・学習し、不正アクセスを高い精度で検知いたします。

また、オンライン学習により、日々巧妙化する不正手口に柔軟に対応していくことが可能です。

 

CAリワードでは、これまでの配信実績をもとに、大手スマートフォンメディアへの成果報酬型広告の配信、

リワードネットワークの運営を行なうとともに、今後も高度なアドテクノロジーを活用することで

ユーザーサービスにおけるコンテンツ利用の促進に努めてまいります。

 

※1 「Performance Keeper」は、成果報酬型広告における不正利用検知・対策の研究組織「「BOSATSU®」が開発し、2016年6月8日に提供を開始した不正利用検知システムです。

※2 出典:株式会社CyberZ 「スマートフォン広告市場調査」(2015年2月18日)

※3 アクセス元を海外やホスティングサービスに設定するなど、身元を偽装し取得したアカウント(ユーザーが存在しないアカウント)にて成果を発生させ、インセンティブを獲得しようとするユーザーや、そのアクセス自体を指します。

※4 本サービスで取得する情報は、個人を特定する情報ではありませんが、計測データは個人情報と同等に適切に取り扱います。また、不正検知以外の目的で利用することはありません。

 

▼▼▼ リリースはこちら ▼▼▼

CAリワード、成果報酬型広告の不正検知システム「Performance Keeper」にAIを活用
~ディープラーニング・オンライン学習により巧妙化する不正アクセスの検知が可能に~

https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/press/detail/id=12473

Author

アバター
shiori

関連記事