Blog

【AICON2019】社内新規事業コンペを開催しました!


みなさんこんにちは!

AI事業本部人事の佐藤です。

 

2019年9月のAI事業本部設立に伴い、社内では様々な施策が行われておりますが、

そのうちの1つ、社内新規事業コンペAICON-アイコン-を開催し、

先日決勝戦が行われましたので、今回の記事ではその様子をレポートしたいと思います!

本記事を通して、変革期まっさかりのAI事業本部について少しでも知って貰えたら嬉しいです!

 

AICON(アイコン)とは…?

「新規事業の創出」「AI市場・技術への理解を深めること」を目的とした

AI技術を利用した新規事業を考える社内新規事業コンペティションです。

 

アドテク本部時代から数えると今回で3回目となる本イベントですが、

ビジネス・エンジニアといった職種や入社年次は一切関係なく、

社員全員が参加でき、受賞者は子会社の社長や事業責任者として

1プロダクトの立ち上げを担っていただくこともあります!

※前回開催の「AdtechNEXT(アドテクネクスト)」で決議された案が

事業として実際に立ち上がった事例もあります!

 

AICONはAI事業本部をより加速させていきたいという背景のもと、開催されました。

「インターネット」の次の成長トレンドとなる「AI」を使って

サイバーエージェントの新たな事業機会を創出するのがAI事業本部の目指す方向ですが、

実際に部署のメンバーにもさらにAIに関する技術やマーケットへの感度を高めて欲しいという想い、

そして実際に新規事業を創出していきたいという想いから開催に至りました。

 

 

今回のテーマは

“AI技術を利用した新規事業「AI×〇〇」”でした!

あえて領域を絞らず、幅広い領域でビジネスチャンスを探して欲しいという背景のもと、

こちらのテーマで実施された今回のAICON。

実際に、既存領域にとらわれない数々の案の応募がありました。

 

サイバーエージェントではこれまでも部署問わずたくさんの

新規事業コンペが行われておりますが、実際に案が決議されると

それを事業として立ち上げることが可能なので、

社内コンペに取り組む社員の本気度は非常に高いです。

 

 

進んで手をあげる人には多くのチャンスが舞い込むカルチャーということも後押しし、

今回のAICONではなんと計72案のエントリーがありました!

 

選考は1次と最終の合計2回で、

書類選考を通過した18案が最終選考へと進み、先日本選プレゼンが行われ、

参加者は新卒含む若手~ベテラン営業、事業責任者、・エンジニア等

様々な方が参加し、幅広いアイディアが誕生!

 

中には我々コーポレート部門である人事のメンバーや、

内定者の方も参戦し、数ある応募の中から1次選考を通過して

最終プレゼンまで残っていました!!(素晴らしい…!)

 

AICONは約2カ月ほどかけて開催しました。各イベントの様子をご紹介します!

■AICONスケジュール

8/27    :全体説明会

9/11~9/18 :ヒント勉強会(各統括による新規事業設立のヒント勉強会)

9/27~10/4 :1次選考(書類選考)

10/15、16  :最終選考(プレゼン)

 

▼エントリー期間には統括3名による事業設立のヒント勉強会を開催!会議室がすし詰め状態。笑

▼1次は書類選考!in役員室。審査は取締役内藤を含む統括計7名で行われました。

▼全エントリー案に統括によるFBK会を実施。統括藤田(左)からのFBKを真剣に受け止める19新卒佐々(右)。

▼最終選考は2日間に分けて開催!エントリーしていないメンバーも沢山参加しました。

▼審査員陣(左)

 

10/15、16の2日間に行われたプレゼン形式での最終選考の結果、

「事業検討」「アイディア賞」4案が選出されましたので、ご紹介します!

※事業化の可能性があるので、具体的な内容は伏せさせていただきます…!

 

※審査は「CAでやる意義」「市場で優位に立てるか」

「アイディア性」「規模感」「実現性」の5点を基準に判断されました。

 

アイディア賞①

未来予測AIエンジン「AI Tech Platform」」 藤田 和司

藤田はリテールテックDivの統括として、審査員でありながらの参加でした!

本内容は藤田が取りまとめている領域のプラスオンアイディアで、

具体的な売り先や予測内容について等、統括同士のやりとりが全体で見れるのも新鮮でした…!

 

アイディア賞②

「入り込める広告」 吉本 暁文

吉本は17新卒で前回開催の「AdtechNEXT」で採決された事業案がプロダクト化し、

現在開発責任者を担っています。今回のAICONでも計6案を提案いただきました!(すごい…!)

こちらの案については、既存のプロダクトに組み込めないか動いており、

事業化可能性のあるステータスとなっています!!

 

アイディア賞③

「AI AdMAq」 Nguyen Hong Phuc/黒崎 優太

2人は15新卒の同期ペアで提案してくれました!

現プロダクトで行っている業務のスピード向上を目指したツールで、

AICON決議後、2人が所属するDynalyst内で実現できないか構想中のアイディアとなります。

 

 

そして72案の頂点に立った案は……

事業化検討

「実店舗最適化」 吉本 暁文

 

なんとアイディア賞も受賞した吉本の提案となりました!

各統括で行われた選考会でも実現性について詳しく議論され、

リテール領域にて実装していきたいということで今回選出されました!

今後事業化に向け、動き出していく形となります。

 

:受賞コメント:

これまでのアドテク領域では高度な最適化の知見を貯めてきた一方で、

現実世界は2019年になってもあまりに原始的な物事が溢れかえっています。

現実世界のありかたを直接改善するようにAIを応用する

この案はビジネスチャンスであるだけでなく、開発する側もより

自分の体感として改善を感じられ、モチベーションの高まる話だと思っています!

 

以上4案が受賞案となります!皆さまおめでとうございました!!!!

 

今回のAICONはアドテク→AIへの事業転換期に合わせて開催されたイベントでしたが、

参加したメンバーは勿論、聴講していたメンバーも非常に刺激になっている印象でした。

※今回の選考会はエントリーしたメンバーだけでなく、事業部でオープン参加としておりました。

 

今後も事業創出や、アイディアを発信できるイベントをやっていきたいと思います!

改めてご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

最後に…

AI事業本部では新規事業コンペティションを始め、数々の社内施策を行っております。

ご興味を持ってくださった方は社員とカジュアルに話す機会などを随時受け付けておりますので、

お気軽にお声がけいただけばと思います!

お問合せフォームはこちらからどうぞ!

Author

sato
sato

関連記事