Blog

アドテク×Scala勉強会を開催しました!


こんにちは!アドテクスタジオブログ編集長のPeterです!

今回は昨日サイバーエージェントで開催されたアドテク×Scala勉強会のリポート記事になります!

2014-11-20 19.01.31

アドテクではScalaを使っている会社さんが増えており、今回は株式会社ScaleOutの野村様、Demand Side Science株式会社の水谷様株式会社ファンコミュニケーションズの重村様、弊社サイバーエージェントからは韓さんに登壇いただき、アドテクでのScalaの利用について発表していただきました。

 

アドテクを支えるScala
– Ad Generationの場合

野村欣弘 / 株式会社mediba(株式会社ScaleOut出向)
2014-11-20 19.15.25-1

[slideshare id=41834039&doc=2014-11-20adtechxscalameetup-141120195649-conversion-gate02]

RTB関連の処理をScalaで実装しているAd Generationについての説明から、どのように使われているか、実際に導入して起こった問題からどうやって直したかなど興味深い内容にみなさん真剣に聞き入っていました。

 

Dynalystが広告配信で使っている技術(Spray×Akka×Kamon×Zabbix)

韓翔元 /株式会社サイバーエージェント

2014-11-20 19.45.33

[slideshare id=41835086&doc=meetupadtechscala-141120204119-conversion-gate01]

弊社サイバーエージェントのシニアエンジニア韓さんのセッションではSprayとAkkaとKamonとZabbixを利用したダイナミッククリエイティブなリターゲティングシステムについての紹介を行ってくれました。
導入するにあたり、なぜこのような構成にしたのかやBenchmarkを取った話やZabbixとの連携についてなどとても興味深かったです。

 

アドテク×Scala×パフォーマンスチューニング

水谷陽介 / Demand Side Science株式会社

2014-11-20 20.17.17-1

[slideshare id=41799241&doc=adtech-scala-meetup-2014-11-20-141120053323-conversion-gate02]

創設以来すべてのプロダクトでScalaを採用しているDSS社の水谷さんのパフォーマンスチューニングに関するセッションでは長いScalaの経験の中から起こった問題点を詳しく紹介し、どうしてこの問題が起こっているのか、どうやってチューニングして解決するのかとても勉強になるセッションでした。

 

軽量言語メインのWeb系エンジニアだった自分がScalaのシステム開発に携わることになった経緯

重村道人/株式会社ファンコミュニケーションズ

2014-11-20 20.31.03

[slideshare id=41802686&doc=adscala-141120065643-conversion-gate01]

軽量言語がメインだった重村さんがどうやってScalaを学んだのか、LL言語との共通点を探してみたり、いろんな方向からScalaを学んだ経験を語ってくれました!

 

 

後半戦はお寿司とビールが登場! 大いにもりあがっていました!

2014-11-20 20.48.59

2014-11-20 20.58.45

 

Scalaブログのトップページに乗っているあの人も登場!

2014-11-20 21.00.45

この後はパネルディスカッション・大質問会!

モデレーターの麻植泰輔さん(一般社団法人Japan Scala Association 副理事 / 株式会社hemplant 代表取締役社長)による進行で、Scalaに関する質問や相談を登壇者のみなさんが答える形で進みました。

2014-11-20 21.02.09

 

Twitterからの質問もリアルタイムに前面に表示され、Twitter経由だったりその場から質問を受け付けたりしていました。

2014-11-20 21.30.30

 

 

最後は自称Scalaガール(?)との撮影会も!
本日お越しいただいたみなさんからの反響も凄く、「ブログみてますよ!」や「Scalaの堅苦しいイメージがなくなってScalaが広まるといいですね!」など温かいお声を頂き、本人が調子にのっていましたとてもやる気を出していました!

2014-11-20 21.57.34-1

 

2014-11-20 22.09.04-1

2014-11-20 22.06.34-1

 

雨の降っている中、沢山の方にご参加いただきました。
登壇してくれた方々、参加していただいたみなさん、設備準備を行ってくれた運営の方々
本当にありがとうございました!

Author

アバター
admin

関連記事