Blog

Scala Days 2016 in New York【1日目】


Scalaの最大規模カンファレンス、Scala Days が始まりました。

今年はNew York での開催とのことで、弊社も3名で参加してます!

早速初日のレポートをお届けします!

DSC00161

去年同様、1日目のkeynoteはScala開発者のMartin Odersky先生の発表でした。

DSC00162

[slideshare id=61863162&doc=scaladays-nyc-2016-160510135215]

2016年は2015年と比較して大きく動く年になる!とのことです。

Scalaを”best” programming languageにするという意気込みを感じた発表でした。

 

主なトピック
・Scala 2.12が2016年夏頃にリリース予定

・java8対応により、実行時間短縮、コード圧縮を実現

・scala native について触れられており、3日目のセッションで Denys Shabalin(@den_sh) さんの発表があるとのこと

・スタイルについて

・必読 !! :http://www.lihaoyi.com/post/StrategicScalaStylePracticalTypeSafety.html

・style errorの導入と方針について

・2.13以降での機能

・コレクションの改良

・使い勝手の良さを追求し、よりsparkにインスパイアされた作りになる

・モジュール化

・scala stdlibをcore, platformに分離

・DOT解析の導入 (dotty) による新コンパイラーによる実行時間短縮、コード圧縮を実現

・その他将来的に多くの機能が構想されていたので、一部気になった点を記載します

・function arity adaption

・multiversal equality

・== != がtype safeになります(会場から盛大な拍手がありました

全体を通して目指す方向性としては

・他の言語の利点を意識して、”best” programming language に近づけていく

・機能の追加と削除で実用性が継続的に改善されている

・より型安全を意識した作りになる

という感想を持ちました。

 

到着した前日の夜と、1日目の夕方のkeynoteまで時間があったので、地下鉄に乗って New Yorkを少し散策しました

自由の女神
DSC00113

タイムズスクエア

 

 

20160509114645

エンパイア・ステート・ビル
DSC00093

街並みも写真を撮ってみました。


DSC00132

DSC00126

地下鉄にもチャレンジ

DSC00121

 

明日からも現地から最新のブログをお届けします!
好ご期待!

Author

アバター
shoko

関連記事